スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

献血→点滴

1ヶ月以上日記をサボってしまった・・・
忘れないうちに飲み会ネタを記録しておく。

先日、生まれて初めて献血に挑戦した。

私は小さい頃に病気で注射をされまくったせいか、注射が苦手である。
健康診断の採血の時は、絶対に刺すところは見ない。

そういうわけで、これまで献血は拒否というか、見て見ぬふりをしてきたのだが、
職場に来た献血車で献血をしてきた先輩が、大量のお菓子をもらっているのを見て、
お菓子欲しさに参加を決意した。

問診OK、血圧OK、血液検査OK(もちろん刺すところは見ない)
というわけで、400mL献血にチャレンジできることになった。

指定された椅子に寝そべると、すぐに針をブスリと刺された。若干痛い。
その状態で腕を固定された。針があるせいでなんとなく違和感がある。

そのうち、腕がしびれてきた。腕がしばられているせいらしい。

そのうち、頭がぼーっとしてきた。血が抜かれてるからか?

そのうち、吐き気がしてきた。これはさすがにおかしい!


看護師さんに気分が悪いと伝えると、すぐに針を抜かれ、頭を下にされた。

意識はあるが、吐き気がひどい。若干寒い。体がだるい。

点滴を入れますとの声がした。まさかこんなことになるとは・・・


右腕に注射をされた感じがした。嫌いな注射だが、それどころではない。

今度は左腕にチクリときた。ダブル点滴か!?しかしそれどころではない。

なんか血圧を何度も測られている。脈も測られている。

その後しばらくして、段々と楽になってきた。意識が正常に戻る。
様子を見てみると、左腕からのみ点滴をされていた。
右腕は刺すのに失敗しただけらしい。

しかし、なんて自分はダサいのだ・・・
お菓子を目当てで献血しに来たのに、逆に点滴を打たれるとは・・・
なんてことを考えながら、1時間位点滴を受けた。

その間先生に聞くと、先程は脈は微弱、血圧は測定不能だったらしい。原因は緊張?
しかし、それ以上に、取れた血液は80mL、打った点滴は300mLだということに驚いた。ダサい。

お菓子も結局いただいてしまった。
さすがに遠慮したのだが、いただいてしまった。

うーん、やはり自分は献血しないほうがいいのかもしれない。
スポンサーサイト

愛車の修理、修理、修理

先日、日産からリコールのお知らせが届いた。
うちの愛車がリコールの対象となったらしい。

具体的には、オイルが漏れる恐れがあるとのことで、
これはまずいと思い、その後すぐに日産に修理に出した。

その修理は無事に終わったのだが、営業の方から、
左後のタイヤのベアリングが悪くなって音がしており、部品を交換したほうが良いと言われた。

確かにうちの車は走行時の音が大きかったのだが、修理が必要だったとは・・・

親切なことに、その方が、今付いているトヨタカローラの保証内で修理できるかもしれないと教えてくださったので、
今日、今度はトヨタカローラにその修理をしてもらいに行ってきた。

修理は1時間ほどで終了し、乗ってみると、かなり音が静かになっていた。
部品一つでこんなに変わるのかと感心しながら運転していると、何か違和感が・・・

今度は、右のウインカーを出し、ハンドルを切ると、曲がっている途中でウインカーが点滅しなくなっていた。

恐らく偶然だと思うが、まさか修理をした直後にまた別の異常が生じるとは・・・

急いでトヨタカローラに戻り、症状を見てもらった。

どうやら、ウインカーの部品の接触不良が原因らしい。

というわけで、またもや修理をすることになった。
部品を取り寄せないといけないため、また後日修理してもらう予定である。

今まで車は壊れにくいものだと勝手に思っていたので、
保証に入っておくことや、日頃の点検が重要だとすごく感じた。

ゼクシィの罠

今日は結婚式場への持ち込みをサポートしてくれるという会社に電話をしてみた。

衣裳やカメラマンなどを式場で頼むと、中間マージンが上乗せされるため、直接自分で手配する場合の料金よりも高額になる。

この会社は、式場と契約をしており、通常は持ち込みできない物に関しても持ち込めるようにしてくれるらしい。

先週この会社の資料を請求し、持ち込み品の費用を確認したが、確かに式場に頼むよりもかなり安かった。


ここで気になるのがこの会社を介した場合に手数料が発生するかである。
持ち込みで安くなっても、手数料で高くなったら元も子もない。

そこで電話をしてみたところ、手数料は掛からないとのことだった。
提携先とのやりくりで、何とか頑張っているらしい。

一度この会社に行ってみてもいいかもしれない。


この電話の中で、結婚式を挙げる側としては非常に気になる話があった。

ゼクシィなび等のブライダルカウンターを通して式場を予約すると、結婚式費用の何割かが、その紹介業者(リクルート等)に流れる仕組みになっているらしい。

結果、式場側は割引がしにくくなり、結婚式費用は高額になるのである。

「ブライダルカウンターは相談無料!」と宣伝されているが、逆に割引が少なくなる分、利用者の負担が増してしまう。
このことを知っているカップルはどれくらいいるのだろうか・・・

ちなみに、「カウンターを通すことで特典が付きます!」というのも、元々あった特典が減らされたものを、むしろ特典が増えたように見せているにすぎないらしい。

ただ、リクルート側に報酬が入るのは当然であると思うし、どちらかといえば、その広告宣伝費を客側に結果として上乗せする式場のほうが問題な気がする。

私たちはブライダルカウンターを介してはいないが、ゼクシィnetを介してはいるため、これが費用に影響するのか現在調査中である。


3/4追記
ゼクシィnetでは仲介手数料はかからないようである。一安心。
また、式場によっては、カウンターを通した場合でも上乗せしない所があるようだ。
そのような消費者のことを考えてくれる式場を選びたいものである。

春闘

今日は朝から労働組合の定期大会に参加した。

残念なことに、うちの会社は同業他社と比較して、労働条件がかなり悪いようだ。

まず給与。
入社10年目で給与手取りが新入社員とほぼ変わらない。

これに関しては、十数年ぶりにやっと今年、100円のベースアップが実現した。
月1回缶コーヒーを飲める回数が増えるわけだ。

しかし、ベースアップしても定期昇給が増えるわけではないため、結局入社10年目給与≒新入社員給与という現状は変わらない。


次に労働時間。
現在勤務時間は1日8時間20分である。この中には休憩時間は含まれない。
大企業のサマータイムの出社時刻が、うちの通常の出社時刻である。常に朝はサマータイム。

これは8時間にするよう交渉していくとのことだった。


次に手当。
車で通勤する人には通勤手当が出ているが、これは会社が斡旋する保険会社の保険を掛けなければ出ないことになっている。(要するに会社に利益が出る仕組み)

これは完全に人権侵害の一種だと思われる。

また、県外出身者には社宅が提供されるが、県内出身者には社宅が提供されない(実家から通えということ)という不平等なルールも存在する。

この辺りも今後交渉するとのことであった。


不景気な現状においては考え方が甘いのかもしれないが、
景気の良かった時代もありながら、なぜ今こんな状況になっているのか疑問である。

言いまつがい

「OIOI」・・・オイオイ
「COMME CA ISM」・・・コメカイズム
「倖田來未」・・・はんだみらい

こう読んだことがあるのは、自分だけではないはずだ。
プロフィール

くろひょ~

Author:くろひょ~
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。